つなぎ融資をする前に知っておきたいアレやコレ。

住宅ローンで一戸建て住宅を建築する際に必要なつなぎ融資とは

つなぎ融資とは住宅ローンで一戸建て住宅を建てる際に必要となるものです。住宅ローンというものは、基本的にすでに建築されている建物を対象として実行されるものです。ところが注文住宅の場合、まだ建物が完成されていないのに、着工金や中間金などのお金を建築過程で支払わなければならない事態が起こります。このような場合、自己資金で支払えればいいのですが、それが不可能な場合は住宅ローンとは別の融資を受ける必要があります。それがつなぎ融資です。上記に挙げたように、つなぎ融資とは正式な住宅ローンを借り入れるまでのつなぎです。したがってこのつなぎ融資を利用した場合は、建物が完成するまでは金利だけを支払い、建物引き渡し時に成立する住宅ローンでつなぎ融資の借入れを清算することになります。このようにつなぎ融資とは自己資金が足りない場合に非常に有効なローンですが、金融機関によっては取り扱っていないところもあります。住宅ローンを検討する際はつなぎ融資のことも含めて考慮することが大切です。

つなぎ融資の金利が少し高い理由は担保によるものです

つなぎ融資の金利は少し高めに設定されています。住宅ローンに比べるとかなり高い傾向がありますが、なぜなのでしょうか。これは担保の設定がないからだと考えられます。担保を設定すれば、金融機関は回収できなくなるリスクが小さくなりますから、その分だけ金利を低くすることができます。回収可能性が高ければ低く設定してくれるというのは、あらゆるローンに共通する傾向だと言えるでしょう。この傾向があることを把握しておく必要があります。ですから、つなぎ融資は高金利であるという点に注意しておく必要があります。ですから、長く借りると利息の支払金額は大きくなってしまうのですが、たいていは短期間になるでしょう。住宅が建築されるまでの間だけつなぎ融資を利用するというのが一般的ですから、あまり長くなることはありません。ただ、利息を支払わなければならないのは事実ですから、その金額を把握しておくことは必要なことだと考えられます。

つなぎ融資中は抵当権の設定がされないかわりに金利が高くなる。

通常住宅ローンの借り入れを行う際は家を担保にするため、土地と建物に抵当権を設定します。このことにより、万が一住宅ローンの返済が滞ってしまったとしても、債権者(金融機関など)は家を競売にかけそこから得られた資金を最優先で融資金の回収に充てることが出来ます。しかしながら、住宅を建築する際に着工時(家を建て始める段階)で資金が必要となることがあります。担保となる家がまだ完成していないため抵当権の設定が出来ず、通常の住宅ローンを利用できないことがあります。このような際につなぎ融資を利用します。つなぎ融資とは字のごとく家が完成するまでの間をつなぐ資金を短期間借入するための融資です。つなぎ融資は、住宅が完成すると、正式な住宅ローンの借り入れを行いその資金で完済することになります。つなぎ融資には抵当権の設定がないため、担保の無い状態の借り入れとなり、通常の住宅ローンよりも金利は高くなります。借入期間中に利息支払いは発生せずに、住宅ローン実行時に利息もまとめて返済を行うことが一般的です。

頭金を払うためのつなぎ融資はどこで取り扱っていますか?

一戸建てを建てる際などには、当然ながら住宅ローンを組みます。新築マンションを購入する際も、同様といえます。しかし住宅ローンというのは、家が完成していなければ融資してもらえないことになっています。ですから頭金を自己資金で用意していない場合、どこか別のところから借りる必要があります。そのような場合にお金を借りるシステムは、つなぎ融資と呼ばれます。頭金だけでなく着工金や中間金も、つなぎ融資の対象となります。それでは、つなぎ融資を利用するためにはどうしたら良いのでしょうか?まずは、取り扱っている金融機関を探します。つなぎ融資でも金利が発生しますから、慎重な検討が必要です。インターネットを利用すれば、より簡単に探せます。代表的なところでいうと楽天銀行やSBIモーゲージ等が取り扱っています。いずれも低い金利で、ネットから申込みができ非常に手軽です。住宅ローンの頭金等をつなぎ融資で手軽に調達できれば、マイホームへの夢も一層近くなるのです。間違ってもお金借りる申し込み用紙とかに走らないようにして下さいね。